第27回 AMD Award '21

優秀賞

  • 歌姫Belle(映画『竜とそばかすの姫』)

[受賞者]
Belle(中村 佳穂)

授賞理由

功労賞 森岡 毅 株式会社刀 代表取締役CEO|第27回AMDアワード優秀賞

「Belle」は細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』の仮想世界で世界の注目を集める絶世の歌姫で、2021年7月の公開以来、映画中はもちろん、現実のNET上でもその歌声が感動を呼び、 millennium parade ‒ U はYouTubeで3600万回再生、サウンドトラックは各種オンラインサービスで1位を取得、国内で興行収入66億円の大ヒットを記録。
2022年には英語版のBelle(カイリー・マクニール)として世界デビューを遂げ、世界108カ国で配給が決定している。2021年の日本を代表する新ヒロインとして表彰する。

受賞コメント

私が声と歌を担当させていただいた「Belle」が、優秀賞を受賞したこと、とても嬉しいです。
ーチャル世界のキャラクターが現実の世界でも注目され、楽曲が広まり、その結果このような賞を私が作品を代表していただくことになるとは思いませんでした。
これからもBelleが世界中で愛されるキャラクターであり続けることを願っています。(中村佳穂)

受賞作品紹介

【歌姫Belle(映画『竜とそばかすの姫』)】
突然、仮想世界<U>に出現した美貌の歌姫。誰もが「自分のために歌ってくれている」と感じる不思議な歌声で、瞬く間に圧倒的な人気を得る。

【映画『竜とそばかすの姫】
母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公の女子高校生・すずが、“もうひとつの現実”と呼ばれるインターネット上の仮想世界<U>で歌姫・Belleとして世界中の人気者となり、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。

受賞者プロフィール

【中村佳穂】
1992年生まれ、京都出身のミュージシャン。
20歳から本格的に音楽活動をスタートし、音楽その物の様な存在がウワサを呼ぶ。
ソロ、デュオ、バンド、様々な形態で、その音楽性を拡張させ続けている。
ひとつとして同じ演奏はない。見るたびに新しい発見があるその姿は、今後も国内外問わず、共鳴の輪を広げていく。

2018年 アルバム『AINOU』を発表。
2019年 FUJI ROCK FESTIVAL フィールド・オブ・ヘブン出演、同年12月新木場スタジオコーストにて自主企画「うたのげんざいち2019」を開催。
2021年初の全国ツアーを6都市で開催。
3年半ぶりのニューアルバム『NIA』が3月23日にリリース。

© 2021 スタジオ地図